« デルフィからエギナ島へ | トップページ | マレーシアのティオマン島へ »

2015年9月25日 (金)

ギリシャから帰国

最終日は夜の飛行機の時間まで特に予定もなくアテネで行きたい場所もなかったので、昼頃ホテルをチェックアウトして、お肉屋さん直営のKaramanlidikaというレストランに行って昼食。ムール貝のオリーブオイル漬け、おすすめという春巻きのような食べ物とコンスタンチノープル由来のラザニア風の看板メニューがおいしかった。
春巻き風ギリシャ料理
コンスタンチノープル由来のラザニア風の看板メニュー
シンタグマ駅までお土産を買ったりしながら、とりあえずすることもないので、13:06の空港行きに乗って40分ちょっとで空港に到着。出発まで5時間もあったが、ブリッティッシュエアのラウンジでくつろぐ。ヒースロー行きが出るとしばらく1人もいない状態が続いた。
アテネのブリッティッシュエアラウンジ
18時を過ぎると夜のヒースロー行きがあり、ほぼ満席になったのでカタール航空だと他にSwiss Portラウンジも利用できるようだ。ドーハ行きは19:15発なので、18:30頃までいたら、ラウンジの人が早く行ってくださいと言われ、搭乗ゲートに行ったら、例によって15分前の19時にはドアクローズとなり出発した。アテネからドーハまでの機内食のあと、1時間の乗継で成田行きが出るので、少な目の和風懐石と寿司にした。成田には定刻17:55着のところ、17:20と早く着いた。入国の日本人側はほとんど空いているが、この日が混んでいたので、入国時に初めて自動化ゲートの恩恵を享受。おかげで17:30のバスに乗ることができた。

« デルフィからエギナ島へ | トップページ | マレーシアのティオマン島へ »