« 世界最大の砂の島フレーザー島へ | トップページ | ハービーベイから一路帰国の途へ »

2015年11月22日 (日)

フレーザー島の見どころを周遊

2日目はホテルから出る1日ツアーに参加。ツアーは昼食付で約14,000円とちょっと高いが朝7:50に出発してマッケンジー湖を含む主要な見どころを回って夕方に戻ってきて17時ちょうどのフェリーで本土側に渡れるというので、これに申し込んだ。7時に朝食をいただき、チェックアウトしてツアーの集合場所へ。さすが砂地を走るバスとあって、普通のバスではなく、ダンプ仕様。
ダンプ仕様のバス
まずは外洋側まで島を横断するがものすごく揺れる。フレーザー島の砂地がまさにできつつあるところで途中下車。海岸線はゴールドコーストというように茶色だが、上のほうは真っ白な砂地になっている。さらに海岸線に出るとこれまでとは打って変わって平坦なので、75マイルロードと呼ばれるセスナ機も滑走路として使用する砂浜を飛ばす。セスナ機に乗りたい人は追加料金で乗ったりしながら、イーライ・クリークという小川で1時間ちょっと休憩。
イーライ・クリーク
そして日本に向かう途中で難破したという船を見た後は、ユーロンという場所まで走って昼食。
難破船
午後はセントラルステーションというところで、クリーク(小川)を散策し、再びマッケンジー湖へ。やっぱり明るい時間は美しい。
美しいクリークマッケンジー湖マッケンジー湖マッケンジー湖
あっという間に16時のおやつタイムになり、Kingfisher Bayへ。時間はギリギリだったが、無事フェリーに乗ることができた。リバーヘッドの桟橋からは送迎バスでそれぞれの宿泊先まで送ってくれるというのがありがたい。途中カンガルーを見かけたので、バスが停まってくれ、皆撮影。翌日は6:45の便で早いので泊まれればいいということで久しぶりにYHに宿泊。夕食も10ドルでおいしいフィッシュアンドチップスとワインがいただけたので満足。ホステルの人にはその便だと6時に出ればいいということで、朝6時にタクシーの手配をお願いした。隣の部屋が24時くらいまで騒がしくなかなか眠れなかったこと以外は十分満足。

« 世界最大の砂の島フレーザー島へ | トップページ | ハービーベイから一路帰国の途へ »