« スルデシュティのお祭り~ウクライナのリヴィウへ | トップページ | モスクワ クレムリンに入場 »

2016年5月 3日 (火)

西ウクライナのハプスブルグの雰囲気が漂うリヴィウ

リヴィウには早朝6:20に到着。あまり朝早すぎるので、駅のベンチで8時まで過ごしてから市電で市内に出発。ちょうど小銭を切らしてしまい、200グリブナ札しかなかったので、2グリブナのチケットを2枚買うのにたいへん申し訳なかった。それにしても市電にどこまででも約8円で乗ることができるのは激安。オペラ座の通りまで乗ってオペラ座近くの人が多く入っていた「ダヴィンチ」というレストランに入る。
オペラ座
普通ならコーヒーとモーニングサンドなのだろうが、昨日の朝から食べていなかったので、メニューにあったおすすめ串焼きステーキを注文。これが実にやわらかい肉で絶品だった。日本だったら4,000円くらいはしそうだが、コーヒーを付けて900円くらい。レストランを出て、アルメニア教会「木彫りのキリスト受難のレリーフ」を見て、10時オープンと同時に4番地の黒い石造りの館から6番地の歴史博物館、市庁舎の塔、大聖堂、聖アンドレイ教会と回った。黒い石造りの館にはなぜかNEC製のラップトップコンピューターが展示されていたのが不思議。
アルメニア教会「木彫りのキリスト受難のレリーフ」
4番地の黒い石造りの館
黒い石造りの館に展示されている民族衣装
イタリア庭園
ポーランド王ヤン・ソビェスキーの邸宅
市庁舎の塔からの眺め
12時になったので、ウラジミールさんおすすめのランプのレストランに行ってみた。ビールに似たノンアルコールのウクライナ伝統の飲み物Kvas Tarasというのが実にフルーティでおいしかった。時間的にはまだ早かったが見たいところは回ってしまったので、リヴィウ大学前から9番のトロリーバスで空港へ。空港は新しくなったばかりのようでとても近代的。16時ちょうど発のオーストリア航空で2時間前だと少し早すぎたのかまだチェックインできなかった。定刻通り出発し、ウィーンに到着。ウィーンでは4時間の乗継時間があったので、ラウンジに行ったが、オーストリア航空のラウンジのコーヒーときのこスープが実においしかった。モスクワ行きも問題なく出発し、ほぼ定刻でドモジェドボ空港に到着。帰りはビザがあるので、審査官もにっこり、ようこそ!ロシアへという感じで全く問題なし。行きとの違いをあらためて実感。空港前のホテルも徒歩10分ほどで無事到着。

« スルデシュティのお祭り~ウクライナのリヴィウへ | トップページ | モスクワ クレムリンに入場 »