« モスクワ クレムリンに入場 | トップページ | レダン島を後に »

2016年6月11日 (土)

2回目のレダン島

今回は昨年のほぼ同じ時期に行ったマレーシアのレダン島がとてもよかったので、今年も行くことにした。クアラトレンガヌへは前回エアアジアで行ったが、成田便が運休になってしまい、羽田便はクアラトレンガヌまでのチケットが買えないのとクアラルンプールで到着と同時にクアラトレンガヌ行きが出てしまうので、今回も乗継が便利なマレーシア航空のクアラルンプール行きにした。しかも1日2便あるので、成田を金曜日の夜出発して、月曜日の早朝に戻ってくることができる。成田出発は21:40なので会社を定時過ぎに出てラウンジでゆっくりしても十分間に合う。行きの便だけだが、マレーシア航空のシートが数日前から新型になり、90%も広くなったというので、ちょっと楽しみだったが、乗ってみると、A330で1:2:1の座席配置(帰りは2:2:2)でカタール航空のB787の座席に似た感じでフルフラットになり、料理もなかなかの本格的な感じ。
マレーシア航空最新A330シート マレーシア航空の食事
クアラルンプールには定刻通り早朝4時前に到着して、今回は無事空港内のATMで500リンギットを引き出し、国内線ターミナルへスカイトレインで移動。出発の7:25までかなり時間があるので、国内線ゴールデンラウンジに行ってみたが、この時間は開かないようでしばらく外で待っていると、5時過ぎに開けてくれた。6:45にラウンジを出て搭乗ゲートに向かったが、まだ搭乗開始にはならず、7時過ぎにようやく搭乗開始。ウェルカムドリンクのピンクグアバジュースがおいいい。。トレンガヌまでは1時間弱の短いフライトなので、食事も簡単なものでほうれん草を生地で包んだチリソースをお願いしたが、味はイマイチ。8:35くらいに空港のゲートを出たが、トレンガヌ市内のSharBander Jetty 9時ちょうどの便に乗るのは難しそうなので、10:30の便に乗るつもりだったが、タクシーの運転手さんに去年は9時発のMerang Jettyの便でレダン島に行ったという話をしたら、9:00以外に9:30と11:00ともう1便あって、1日4便あるとのこと。Webには9:00という時刻は書いてあって9:30もあいまいな書き方がしてあるのだが、なんと4便もあるということが分かった。それなら所要時間も短いMerang Jettyに行ってくださいとお願いをした。前回はMerang Jettyそばのホテルに宿泊したが、ホテルの人は船の時間さえわからないと言っていたのにこの運転手さんは詳しい。しかも名前はShimaさんという日本風な名前で、去年日本に観光で行って豪徳寺に泊まったそうだ。そんなこともあり、明日の帰りはSharBander Jettyに迎えに来てもらうこともお願いした。ちょうど今ラマダンの時期に入ったので、日中レストランはやっていなくてとても静かとのこと。Merang Jettyに着くと去年と同じお兄さんがチケット売り場にいて覚えていてくれた。9:30の便は自分を入れて4人しか乗らず、Webの時刻表を書き換えてくれれば、もっと人乗るのにと思ってしまった。
Merang Jettyからの船
ぴったり45分でレダン島に到着。ホテルまではそこそこ距離があるのだが、タクシーなどいるはずもなく、地元の街中を歩いて30分で無事到着。荷物が多ければ、ホテルに連絡しておいたほうがよさそうだ。この時期は空いているからか、チェックイン手続きをしてから11時に部屋に案内してくれた。さっそくビーチに行ってみるとやっぱり白砂できれい。
ターラスリゾート部屋の中 ビーチはやっぱり白い砂
透明感のあるビーチ

« モスクワ クレムリンに入場 | トップページ | レダン島を後に »