« レダン島を後に | トップページ | ハルシュタット »

2016年7月13日 (水)

オーストリア ハルシュタットへ

今回はオーストリアのハルシュタットへ。羽田発のANAでパリ経由でエールフランスに乗り換えてミュンヘンに向かう。ミュンヘンへの直行便が取れればよかったのだが、取ることができなかった。しかもANA便が時刻変更になってしまい、帰りのエールフランス便で乗り継ぐことができなくなり、ルフトハンザ航空のチケットをさらに4万円で取る羽目になってしまった。羽田発11:05発で1時間ちょうど前に空港に到着。ANAなのでWebチェックインのチケットでそのまま入ることができ、出国手続きも自動化ゲートでスムーズ。この時間帯は便が多いのかラウンジも混んでいた。10:45から搭乗開始となったがパリ便はテロの影響か中列は誰もおらずガラガラ。ANAのビジネスクラスは千鳥格子状の席配置で結構気に入っているが、今回は初の787-9機で、787-8のテーブルがディスプレイの下から出てくるタイプからサイドから出てくるタイプに変更されている。食事はステーキを注文。前回はスタンダードなステーキだったが、今回はロールステーキになっている。味はやっぱりJALのほうが好みだなー。
ANAのステーキ
パリには定刻より10分くらい前に到着。到着ターミナルは1で、何度かシャルルドゴール空港には来ているが、いつもターミナル2なので雰囲気がこじんまりとしていてだいぶ違う。ただ、エールフランスに乗り継ぐため、2Fに移動しなければならない。2Fは以前はエールフランスやJALのシュンゲン協定外で使われていたため、よく利用したが、現在ではシュンゲン協定内の国内線的なターミナルになっている。移動には、一度入国してからスカイトレインで4駅移動して手荷物検査で、50分掛かった。やっぱりシャルルドゴール空港でターミナルが異なると乗継に1時間でも厳しい。パリ発は18:15で、18:05には全員乗ったので、早めに出ればミュンヘンから1時間に1本しかないザルツブルク行の1本前に乗れるかもという期待があったが、残念ながら出発機混雑のため、18:40頃になるというアナウンスが...。みんなため息。ただ、時刻になったらスムーズに出発して、ミュンヘンには、20:15頃到着。空港駅20:24のS-Bahn列車に乗って、ミュンヘン東駅20:55着だと20:52発ザルツブルク行に3分差で乗ることができないので、ATMで現金などを引き出して、20:44の列車に乗ることにした。それでも次の列車で東駅で30分以上待ったが、この日は気温が低く雨で風が強いという状況で、ホームがとても寒かった。ザルツブルク行は結構人が乗っており、混んでいた。この時間特急がなく快速のみだがスピードは意外と速いので、特急と15分くらいの差しかない。ザルツブルク1つ手前のドイツとオーストリアの国境駅までは定刻通りで、人もみんな途中でどんどん減っていきいなくなってしまったが、最後の最後で出発が遅れて、ザルツブルクには0時頃到着。時差が7時間あるので、日本時間だと朝7時なので、長い移動だった。ホテルは駅前にしたので今日はこれで終了。

« レダン島を後に | トップページ | ハルシュタット »