« リペ島へ日帰りしてそのまま帰国 | トップページ | アイツタキ島へ向けて出発 »

2016年11月20日 (日)

ニュージーランド航空がまさかの20時間遅れ

昨日の夜にニュージーランド航空から電話があり、今日搭乗予定の成田18:30発の便が20時間以上遅れているということショッキングな連絡があった。そうなるとロトルア行きに乗り継げなくなってしまい、前日の便も同様に遅れているということで、それに変更してもらうことにした。そのため、成田発は14:30と4時間前の出発になった。もともと最初に予約したときは成田からオークランドで乗り継いでクック諸島のラロトンガ島に行く予定だったが、7月にラロトンガ行きが1日2便から1便に減便になり、しかも残ったのが成田発がオークランドに9:00に到着する10分前の8:50分に出発してしまい、24時間待ちになってしまったことから追加したロトルア日帰りだった。4時間前ならそのまま乗り継げたのにとちょっと残念。土曜日なので東京駅から格安バスを予約していたのだが、時間変更で乗ることができず、電車も30分遅れて僅差でアクセス特急にも乗ることができなくなるなど最初から幸先悪い...。それでもなんとか12時ちょっと前に成田空港に着くとチェックインカウンターは長蛇の列ができている。こんなときニュージーランド航空はスターアライアンス加盟なので優先チェックインができて助かった。中に入っていつものANAラウンジへ行くとこの時間は便が少ないのかいつもと違ってガラガラ。利用したことがなかったそばコーナーで山菜そばを注文してみた。思ったより小さいサイズ。搭乗時刻になりゲートに行くと特に早く出発するわけでもなく14:30を過ぎた頃にドアクローズ。ところが滑走路の捌きが手際が悪いのか着陸機ばかりで全然離陸させてくれない。ひどいときは5分も次の着陸機が来る間も離陸しない。海外の空港はどこも手際がいいのになとか羽田のほうがもっとスムーズなどと思いながら、結局離陸に1時間半かかり、さらに遅れが増してもともとの時間に近づいてしまった。前日18日の人と自分のように19日に乗る人を前倒してもらった人が合わさってか席は満席。隣の方も本来はセントレアから成田で乗り継ぐ予定だったが、遅れのために新幹線で来てほしいと連絡があったそうだが、旦那さんに名古屋から車で送ってもらったらしい。ただ誰も文句もなく疲れた表情の人は少なく普通にこの時間の便に乗ったという感じだ。機材は最新の787-9で快適。先日ANAのパリ便で初めて乗ったが、ニュージーランド航空がローンチカスタマーなので、関空便や乗継のラロトンガ島行きにも使用されている。ちょうど去年の同じ時期にオーストラリアのカンタス航空に乗ったが、空調は最新機のニュージーランド航空のほうがよさそう。食事はニュージーランド航空もおいしいが若干カンタス航空のほうがよかったかななどと比較してしまう。機内でイミグレーションカードが配られるが内容が結構細かい。特に通常Noをつける中で、荷物の中に何が入っているかわかっていますか?というところだけはYesになるので、要注意だ。オークランドには早朝5:45に到着。ロトルア行きの便は11:25なので5時間半もある。入国審査では乗継なので、滞在期間2日、滞在先イビス バジェット空港ホテルと書いたのだが、たった2日というのが不満そうで、空港外のイビスに泊まるの?と聞かれたが、はいそうですと答えたが、いつチケットを買ったのかなど納得いかない様子。まあ、それでもスタンプは押してくれたが、次の検疫が本当混んでいてもっとなんとかならないものかと思う。レーンが4つしかなく、そのうち2つはニュージーランド・オーストラリア人専用なので、外国人用は2レーンしかない。ようやく外に出られたのが、7:25頃でだいぶかかった。国内線ターミナルまで歩いて小さな国内線ラウンジへ。日本とは4時間の時差があるので、日本時間だと午前3時でさすがに眠い。地元の人はさすがに長居する人はなく次々人が入れ替わり、ようやく11時くらいになったので、入口付近で待機。驚いたのは国内線は手荷物検査がなく、出発15分前になる便から順次改札が始まる。そのため早く行っても中に入ることはできない。しかもアプリをダウンロードしておけば自動チェックインされるので、日本の国内線よりスムーズかもしれない。国内線のほとんどは小型機で小牧空港みたいな感じ。ロトルアまではわずか45分で到着。ニュージーランドらしい風景が広がる。
ロトルアのニュージーランドらしい風景
ワイオタプという場所近くのKerosen Creekという小川の温泉に行くためにレンタカーを予約しておいた。ニュージーランドの道路は日本と同じ左側通行なので違和感はない。ただ、一般道の制限速度の標識が100km/hとあり、その速度で走っていてもどんどん抜かれる。まるで伊勢自動車道のようだが、こちらのほうがよっぽど早い。温泉の入口となる道に入ってから未舗装の道路になり、無事到着。結構人気があるのかマニアックな場所なのに次々地元の人らしい人たちがやってくる。お湯の温度は比較的温めでゆったりと入ることができる。匂いはモール温泉の十勝川温泉のような感じ。
Kerosen Creek Kerosen Creek
十分満喫したところで、出発。オラケイ・コラコ・ケーブ&サーマルパークにも行こうかと思ったが、そこまで時間もないため、火山活動による泥がボコボコと噴き出しているところや温泉プールなどを見てロトルアの中心部に行ってみることにする。
泥パックによさそう
湖畔そばの駐車場に車を止めて売店でラム肉のサンドを注文してみたがこれがなかなかおいしかった。
ロトルア湖畔
途中ガソリンスタンドで満タンにし空港に戻ってレンタカーを返却。1本前にクライストチャーチ行きの便があり、大勢の人たちが集まっていた。空港近くのレストランで本場のニュージーランド料理が食べられるというところがあったが、残念ながら14時から18時までは休業なので、空港のカフェでベリータルトとアイスティーを注文。17:25発の便は定刻より少し早めに出発してオークランドに到着し、ターミナルから10分ほど歩いてホテルに無事チェックイン。

« リペ島へ日帰りしてそのまま帰国 | トップページ | アイツタキ島へ向けて出発 »

コメント

コメントできるようにしていただいてありがとうございます!もう一人の女の子と、朝食をご一緒した者です。
私の便は11/15日本発の便だったので、遅れた19日発の便とは比較対象が違いましたね、失礼しました。
あのあと、女の子ともう一人男性の日本人も合流して、ラグーンツアーに行ってきました。今はオークランドにいて、明日(27日)朝の便で帰国です。いずれまた、どこかでお会いできれば良いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リペ島へ日帰りしてそのまま帰国 | トップページ | アイツタキ島へ向けて出発 »