« 2年ぶりにザンジバルへ出発 | トップページ | 短い滞在から帰路 »

2017年3月20日 (月)

ザンジバル ヌングイビーチ

朝6:30頃朝日が昇ってくると眩しさと鳥の鳴き声で起きてしまった。
ザンジバルの朝日
8:30頃朝食を食べに行き、女将さんがマンゴ入りクレープと野菜入りオムレツを作ってくれた。クレープはなかなかおいしい。
マンゴ入りクレープ・マンゴジュース・コーヒー
朝食を食べ終わった後は、まだ潮は完全に引いていないが、一度サンドバンクにも行っておきたいので、出掛けてみる。行ってみるとやはりまだ足元くらいまでは満ちていて、これが完全に引くときれいなんだけどなと残念に思うが、11時出発のため、名残惜しくも引き返す。
美しい海 美しい海
車で10分ほど走ってKendwa Rocksホテルだけは現金で買い物ができ、自由に入れるが、それ以外のホテルとビーチはプライベートビーチで滞在者のバンドを持っている人のみだというので、ビーチに出て右側すぐのあたりだけがいいという。左側は草が多いので、おススメしないということだが、その先に島があり浅瀬になっているので行ってみたが、ウニや小さなヒトデがたくさんいて歩きづらく行かないほうがよかった。そしてホテルの旦那さんが日差しが強いのでサングラスを持っていくといいと貸してくれたのだが、ビーチにタオルで隠しておいたが、見事に盗まれてしまった。カメラやスマホは危なそうなので、常に持ち歩いていたため、問題はなかったが現地の子どもにマネーと言われて感じ悪い。干潮時になるとこちらのビーチもクリームソーダ色になって確かに美しい。
ヌングイビーチ
ただ、泊まっているホテル側のほうが人も誰もおらず本当に何もないビーチなので、サンドバンクのほうが好み。結局このビーチでは何の買い物や食べたりもせず、16時に迎えに来てもらって、今日は大きなバラクーダが釣れたので、それを料理するから楽しみにということで期待したい。ホテルに戻り再びサンドバンクに行ってみたが、すでにだいぶ潮が戻ってきてやはり干潮時の砂浜は水没してしまっていた。ちょっと残念。19:30から食事ということで、虫除けを塗ってレストランに行ってみたが、やはり蚊はいない。最初に鶏のスープでちょっとスパイシーだが、これがとてもおいしく、おかわりをもらってしまった。そしていよいよバラクーダを丸焼きにする。旦那さんによると炭火の火力が強すぎたので、少し冷ましてから焼き始めるとのこと。
バラクーダの丸焼き
その後まるごと焼き始めて全員分に取り分ける。女将さんは少ししか取らず自分の皿はかなりのボリュームだ。
バラクーダの盛り付け
女将さんと一緒に食事をしながら、イギリスの島生まれで37年間ここに住んでいるとか入国時に騙す人やサングラス泥棒がいても彼らの文化や人は本当にいいとか。次回はそれらを知ったりいろいろなツアーに行って1週間は滞在したほうがいいなど話をした。そうはいってもなかなか難しいのだが。明日は早朝旦那さんと女将さんが南アフリカへプチ旅行に行くというので、なぜかロシア人の人が朝食を用意してくれるという。常連さんだからいいのかな。

« 2年ぶりにザンジバルへ出発 | トップページ | 短い滞在から帰路 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2年ぶりにザンジバルへ出発 | トップページ | 短い滞在から帰路 »