« 短い滞在から帰路 | トップページ | いざセノーテへ »

2017年4月27日 (木)

ANAのメキシコ直行便就航で初のアメリカ大陸へ

これまでメキシコに行くにはアメリカ経由便しかなかったがイランに入国したことがあるため、簡単に行ける状況ではなかった。しかしメキシコへの直行便就航でそういった心配もなくすんなり行けることになった。所要時間も行きは11時間、帰りは14時間とかなり長い。先月のエチオピア航空も香港1時間駐機でアジスアベバまで16時間なので似たようなものだがなかなかこの時間乗るという機会はない。出発時間が17:05ということもあり、会社を15時にフレックスしようとも考えたが、遅れたりすると危険なので、午後半休で成田に向かった。成田ではこのところ多かったANAラウンジではなく久しぶりの手前のユナイテッド航空のラウンジだった。以前はレトロな電話機がソファに置かれていたのだが、改装されてなくなっていた。この時間は出発が多いのか結構混んでいる。搭乗はバス移動で定刻前には全員搭乗してほぼ定刻通りの出発。
ANA787-8機 機内食 メキシコシティの空港は市街地のすぐそば
メキシコシティでのインテルジェットの国内線への乗継が1時間20分しかなかったので、入国手続きがどのくらいかかるかと遅延が心配だったが、予定では定刻よりも少し早く到着するということで少し安心。念のためCAさんにも入国手続きにどのくらいかかるか聞いてみたが、1人を除いて全員初めてということだったが、1人の経験ではスムーズだったそうで、ネットにもあまりメキシコシティ空港での乗継についての情報がなく、1時間ちょっとだと無謀だなどの書き込みがあり、多少の不安があった。シャルルドゴール空港のように入国はスムーズでもターミナルによって乗継に1時間では到底行けないところやドンムアン空港のようにターミナルは小さくても入国にものすごい時間がかかるところもある。メキシコシティには予定より少し前に着陸はできたが、駐機場になかなか入ることができず、結局定刻を少し回って到着。ダッシュで入国審査まで行ったがなんと誰も並んでおらずスムーズに入国でき、国内線の搭乗口まで20分程度で到着できてしまった。税関の用紙は配られたが回収されることはなかった。成田のチェックインカウンターでは乗継は自身で行ってくださいと言われていたのだが、なんとインテルジェットに人が迎えにも来ていてくれたようで、搭乗口で待っていたら、迎えの人が来てくれていた。16:40発の折り返しカンクン行きは16:23頃に降機が始まったので、これは遅れそうと思ったが、わずか5分遅れで出発。カンクンには定刻通りの18:55に到着した。
InterJetのA320機
ダウンタウン行きの19:15発のADO社のバスにも乗ることができ、市内までは30分72ペソ(約400円)。今日は泊まるだけということでダウンタウンのメルカド28近くのローカルなスタジオを予約したが表に看板も出ておらず見つけるのに苦労した。もう少しわかりやすいところにしておけばよかったと後悔。

« 短い滞在から帰路 | トップページ | いざセノーテへ »

コメント

来週、同様のルートでカンクンまで行く予定です。
カンクンまではANAで通しで発券していないので、MEXでは荷物の預け直しが必要だと思いますが、荷物はT1で預け直しができましたでしょうか?

自分は荷物を預けなかったので正確ではないかもしれませんが、乗継でInterjetを利用されるのでしたら、ANAと提携で別々に買った航空券でもカウンターで乗継の航空券を連携してもらえました。自分の場合、乗継時間が少なかったので、連携しておくと安心感が違いました。荷物もスルーで行けると思いますが、不安でしたらANAに問い合わせしてみるのがいいと思います。

回答ありがとうございます。
当日、成田のカウンターで聞いてみたいと思います。
それにしても、国内線ターミナルの移動も含めて20分は早いですね!!

私は3時間弱の乗り継ぎ時間があるので、時間が余ってしまいそうです。

成田のカウンターの人もメキシコ行き専用カウンターではなかったからかもしれませんが、自分がInterjetはANAと提携しているので、連携できますよね?と言ったら「できました!」と処理してくれました。乗継は3時間もあれば余裕ですね!メキシコの空港は行きもキューバからの帰りも入国手続きがガラガラで本当スムーズでした。ヨーロッパは出入国の厳格化でものすごく混んでおり、7月のモスクワ ドモジェドボ空港では2時間半待ちと過去一番混んでいました。ぜひ楽しんできてください!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 短い滞在から帰路 | トップページ | いざセノーテへ »