« トラカイ城とカウナスのパジャイスリス修道院・杉原千畝記念館 | トップページ | モスクワから一路帰国 »

2017年7月 9日 (日)

クルシュ砂州を抜けてケーニヒスベルグへ

今日も朝から早い。クライペダからカリーニングラードに行くバスが朝の6:30でホテルからバスターミナルまでは30分掛かるので、5時に起きて5:45に出発。荷物だけでもバスターミナルに置いておくことができればなと思ってしまう。6:15頃バスターミナルに到着すると売店は8時からとなっていて自動販売機でカップコーヒーだけ購入。バスに乗ったのは10人ちょっとで少ない。クルシュ砂州には橋が架かっていないのでどこで渡るのかと思っていたら、クライペダ市街の南にある港から7時ちょうどのフェリーで渡河する。この港からもバスに乗ることができる。
クライペダのフェリー
砂州に入ってからは白樺の森のような道をひたすら走るが残念ながら車窓からは美しい砂丘が見られない。途中のニダに8時ちょうとに到着したが、次のバスは翌日となってしまう。因みにニダではパルニジョ砂丘という美しい砂丘があるようだ。ニダを出発するとすぐに国境でそこから先はロシア領となる。
リトアニアとロシア国境
EUの出国手続きをし、ロシア側で入国手続きを行うがこの時間だからか空いていて、出入国あわせて30分程度で完了とスムーズ。小鳥は自由に国境を行き交っている。バスの乗車前に床下など念入りにチェックし、無事出発。ロシア側に入ったところもニダと同じような景色が見られるのか砂丘とユネスコのマークの看板が立っていた。いよいよカリーニングラードの街に入り、9:30頃(リトアニアとカリーニングラードは1時間の時差があるので、リトアニア時間だと10:30)琥珀博物館の前で降りることができたが、残念ながら琥珀博物館(ドーナの塔)は休館で見ることができなかった。
琥珀博物館(ドーナの塔)
隣のレストランとなっているロスガーター門もなかなか立派。
ロスガーター門
中央市場の近くにあるヴランゲル塔は入ることはできない。そして2005年に修復された王の門は11時からでないと開かないので同じく外からだけ見て回った。
王の門
この王の門からかつて王の城があった中心部へ王の道(ケーニヒストラッセ:現フルンゼ通り)を通って市場を過ぎたところにケーニヒスベイカーというパン屋さんの名前に惹かれて入ってみた。店内にはドイツ時代の雰囲気のある街の写真がいくつも飾られおり、まさにここがドイツであった時代の写真は思わず見入ってしまう。
ケーニヒスベイカー 戦前のケーニヒスベルグ
ケーニヒスベイカー店内 パンももちろんおいしい
300ルーブル(660円)でコーヒーとパンもとてもおいしかった。ミンスク中央駅で手持ちのベラルーシルーブルをロシアルーブルに変えておいてよかった。お店を出て王の城がかつてあった場所にはソビエトの家が建っているが半ば廃墟と化しており、戦後城を破壊してしまったのは非常に残念で、今も残っていたら間違いなく世界遺産になっていただろう。そしてケーニヒスベルグの橋で有名な橋も今は無骨なコンクリート橋で車がビュンビュンと行きかう。日本の日本橋も同じようなものかと言えばそうなのだが。中州のクナイプホッフ島に再建された大聖堂があり、この街最大の観光ポイントで残念ながら周りには往時の街並みはなく公園となっている。大聖堂の中は博物館があり、ケーニヒスベルグ時代の街並みの模型や北東部には哲学者カントの墓があり、多くの人が集まっていた。
ケーニヒスベルグ大聖堂 ケーニヒスベルグ大聖堂 街の模型
最後に見に行ったのがフリートレンデル門で他の建物がほとんど修復されている中でそのままの雰囲気が残った門になっている。中にはドイツ騎士団の盾や甲冑などが展示されているがちょっと時代が違うので、日本でいえば忍者屋敷的な感じの展示か。
フリートレンデル門 ドイツ騎士団
ちょうどいい時間になったので、駅前のバスターミナルに向かい、空港行きの244系統バスのチケットを購入。バスといっても小型のバンで13時ちょうどの便は満席なので13:20発になってしまった。空港まで24km40分と遠いが80ルーブル(180円)とパンや入場料に比べてかなり安い。クラブロボ空港に着くとカウンターは人でごった返している。こんな時にWebチェックインしてプリントアウトできていればいいのだが、残念ながらクライペダのホテルではできなかった。念のためS7アプリの搭乗券を見せてみたがやはり紙の搭乗券が必要とのことで、セルフチェックイン機もここにはないので仕方なくカウンターに並ぶ。こんな状態で間に合うのかと思ったが、出発時刻が結局15:15から16:00に遅延し、カウンターもこれからだったので、とりあえず問題なし。そしてこの空港にはS7航空のラウンジもないのでジュースを買いたかったが、1本150ルーブルとバスより高いのでやめておく。遅延なく定刻の16時ちょうどに出発し、2時間の短いフライトでも再びサンドイッチが出るのがありがたい。無事モスクワのドモジェドボ空港に到着して19:30にホテルにチェックイン。今日も長かった。

« トラカイ城とカウナスのパジャイスリス修道院・杉原千畝記念館 | トップページ | モスクワから一路帰国 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トラカイ城とカウナスのパジャイスリス修道院・杉原千畝記念館 | トップページ | モスクワから一路帰国 »