« サンティアゴ デ コンポステーラ | トップページ | マルタ コミノ島へ »

2018年2月16日 (金)

バルセロナからパレルモ、マルタへ

バルセロナにはパレルモへの乗継で立ち寄ったため、時間があれば前回見逃していたサン・パウ病院やカタルーニャ音楽堂の中も見学してみたいが、両方ともガイド付きで1時間掛かり、飛行機の時間は12:15なので今回は諦めた。パラレルからまっすぐ歩いて行くとグエル邸、コロンブスがイサベル女王に航海の成功を奏上したかつての王宮Placa del Rei、大聖堂、カタルーニャ音楽堂と見て行けるので、日が明るくなりだす8時半頃にチェックアウトして出発。まずはグエル邸の前を通りかかるとまだこの時間は開いていないため、人もまばら外観からガウディらしさが伝わるが中もすごいのでいつか見てみたい。
グエル邸
続いてPlaca del Reiに着くとコロンブスが上がった階段にホームレスが...。因みにカタルーニャ音楽堂に行ってからもう一度戻ってくると昼間は追い出されるのかいなくなっていた。
コロンブスがイサベル女王に航海の成功を奏上した階段
続いて大聖堂の前に行ってみたが誰も入っていないので、入れないのかと思ったが実はこの時間でも入ることができたらしい。一旦外観だけ見てカタルーニャ音楽堂に行ってみる。
カタルーニャ音楽堂
このあたりは人がたむろしており、共有自転車が代わる代わる使っていく人がたくさんいる。スーパーでジュースを買って飲んでいると小学校の遠足か子どもたちがたくさんやってきて音楽堂の見学をするようだ。ひどく騒々しくなったので退散し、大聖堂に戻ってみると何人も人が入っているので入ってみると中世バルセロナの栄華を感じさせる立派なものだった。
バルセロナの大聖堂 バルセロナの大聖堂
もう少し欲張って10時からオープンのところにも行ってみようと思ったが、無理をせずすぐ近くのカタルーニャ広場からターミナル1空港行バスに乗って移動。空港ターミナルまでは順調に走ったがターミナルで工事を行っていて車線規制されていて、最後の到着直前のスロープで動かなくなり結局市内から40分掛かってしまった。もう1箇所見に行っていたらかなり焦っていたかもしれない。昨日同様Webチェックイン済なのでそのまま手荷物検査場へ移動し、無事搭乗ゲートに到着するとちょうど搭乗開始となった。ボーディングブリッジがあるゲートだったので、目の前の機材に乗ると思ったら、階段を下りてバス移動だった。出発20分前にゲートには来るようにと記載されていた通りぴったり11:55にバスは出発し、定刻12:15にドアクローズ。これならパレルモにも定刻14:10には到着して、14:30のバスには乗れそうとの予想。14:05にパレルモに到着し、空港ビル内のシャトルバスカウンターで往復10ユーロのバスチケットを購入。往復チケットを買ったら、いつ戻ってくるの?と確認されたが、今晩と答えたらえっ!という感じだった。確かにこの時間から0泊でパレルモ観光する人はあまりいないだろう。ノルマン王宮、大聖堂、マルトラーナ(サンタ・マリア・デッラミラーリョ)教会を明るいうちに効率よく回らなければならないので、30分に1本のバスを逃すと痛い。シチリア島も元々はアラゴン王家の分家が治めていたが、イサベル女王の時代にフランスが領土的な野心から侵入してくる。グラナダ攻略でイサベル女王を目の前の敵兵から救ったゴンサロ将軍の活躍によりナポリをめぐって当初不利と見られていたフランスとの戦争に見事勝利し、その後ナポリ総督となる。ただし、その間フランスはカタルーニャにもちょっかいを出して現在のフランスのルシオン地方は放棄せざるを得なかった。バスは高速を走っている間は順調に進むが市内に入ると渋滞する。ただバスは専用レーンを走ることができるため、一般車両よりもずっと早い。15:20にローマ通りとヴィトリオ・エマヌエル通りの交差点で降ろしてもらいまずはノルマン王宮を目指す。今日は久しぶりの晴天で途中明るいうちに大聖堂も写真が撮れていい感じに収めることができた。
パレルモの大聖堂
ノルマン王宮は外観は大した感じではないのだが、中のパラティーナ礼拝堂はそれまでこの地方を支配していたアラブと征服者であるノルマン文化にビザンツ様式を加えたもので息をのむほど美しい。
ノルマン王宮にあるパラティーナ礼拝堂
それ以外にも広間などたくさん見るところがあるので出てきてから大聖堂に行くと日が傾いてしまい先ほど撮っておいてよかった。続いてマルトラーナ教会へ。マルトラーナ教会もうっとりするような美しさ。
マルトラーナ教会とサン・カタルド教会 マルトラーナ教会
隣のサン・カタルド教会も古く初期ノルマン時代の建物で興味深かった。
サン・カタルド教会
一通り見たいところは無事押さえることができたので、マクエダ通りをマッシモ劇場方面に歩いてMakeda food & sweetというお店があったので、クロワッサンとケーキを注文。おなかも空いてきたのでもっとがっつりしたものを食べたかったので、お店を出て梯子をする。中央駅からバスに乗るため、ローマ通りを行くとBar Massaroという店があったので、シチリア島と言えば小麦・オレンジ・レモンなのでパスタとレモネードはないかと聞いたらないというのでオレンジジュースにして注文したがパスタは電子レンジで十分温まっておらずイマイチ。オレンジジュースは赤いシチリアオレンジでおいしかった。しかしオレンジジュースが4ユーロでパスタが5ユーロとは。だいぶ暗くなってきたので中央駅から18:30のバスに乗って19:30頃空港に戻り、22:30のマルタ行までだいぶ時間があったが各方面行の便が何本も出るらしく空港はすごく混んでいて待合の席はほぼ埋まっている。そのため空港の無料Wi-Fiもほとんど繋がらずダイヤルアップよりも遅かったが、便が次々飛んでいくと空いてネットも速くなった。ようやくエアマルタの搭乗開始となり、無事マルタに到着。遅い時間なのでバス移動が困難なので、HolidayTaxiというサイトから送迎を予約しておいた。5ユーロ60セントで北部のメリッハのホテルまで行ってもらえて激安。ホテルには0時ちょうどにチェックインし、慌ただしい1日が終了。リゾートホテルでソファやキッチン、バス・トイレは2つと贅沢な部屋だがシーズンオフなので1泊3,000円台と激安。

« サンティアゴ デ コンポステーラ | トップページ | マルタ コミノ島へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サンティアゴ デ コンポステーラ | トップページ | マルタ コミノ島へ »