« 街全体が世界遺産ルアンパバーン | トップページ

2018年10月 7日 (日)

もう一度ワット・シェン・トーンを見に

昨日見に行きたいところは回ることができたので、今日はゆっくりと朝食をいただく。パンがとてもおいしい。昨日逆光になってしまったワット・シェン・トーンをもう一度見たいので、再度行ってみることにする。その前にホテルを出て近くにある伝統芸術民族センターに立ち寄ってみた。メインストリートをひたすら歩いていくと昨日はもう売切れで店じまいしていたカオソーイのお店が開いていたので、さっき朝食を食べたばかりだが、注文。フォーと似ているが、米粉ではないので麺はきしめん風で、大量のパクチーを一緒に出してくれた。スープは少し酸味があり、肉うどん的な感じ。
カオソーイ
食べ終わってワット・シェン・トーンに到着。やはり逆光の昨日と違いいい感じ。
ワット・シェン・トーン
寺院を出て少し行ったところにマッサージ店があり、値段も少し高めだが、こちらは昨日と違ってとても上手だった。ホテルに戻り飛行機の時間は16:25なのだが、14:30に出たほうがいいというので、その時間に出発。空港には1時間前に着けば十分なので、案の定時間を持て余してしまった。帰りはエアアジアなのでドンムアン経由でそのままだが、航空券を別々に購入していると一度入国しなければならないのが面倒だ。ドンムアンでも相当時間があったので、マクドナルドでスパイシーなライスを食べてからショッピングモールに行ってみたが、なんと日本のお菓子がそのままの名前で大量に売られているのには驚いた。成田には無事8時過ぎに到着。

« 街全体が世界遺産ルアンパバーン | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 街全体が世界遺産ルアンパバーン | トップページ