« プラヤ・ブランカで過ごす1日 | トップページ

2019年5月 1日 (水)

長い帰路でガラパゴス・コロンビアから帰国

今日は帰路メキシコシティまで再び移動の1日。朝食を食べてチェックアウトした後、スーパーに寄ってお土産を買ったあと、タクシーで空港まで移動。ボコタ行の便が当初予定の1本前で30分前の便があるというので変えてもらえた。小さい空港ながらアビアンカ航空のラウンジがあり搭乗開始まで過ごして定刻通りボコタへ出発。
着陸時のボコタ近郊
ボコタでは余ったペソをドルに両替したが、レートは悪いものの円にも両替可能になっていた。ここではエルドラドラウンジというのがおしゃれそうな感じでエアロメヒコ航空の搭乗ゲートにも近かったことから入ってみた。サイコロステーキがおいしかったが、ラウンジ内に床屋もあるという不思議な感じ。
ラウンジ内に飾られていたエルドラド
メキシコ行は当初737-MAX8の予定でどうなることかと思ったが、737-800で代替されて無事飛ぶことができた。それにしてもこれまでは結構満席続きだったが、この便はガラガラで欠航になってもおかしくない状況。メキシコシティには予定通りに着陸したがスポットがなかなか空かずずっと待機。あと10分お待ちくださいといった放送が何度か流れて期待したが、それも伸びて結局50分も遅れてようやく降機できた。エアロメヒコは第2ターミナルのため、ANAの第1ターミナルへはスカイトレインで移動するのだが、案内表示がわかりづらくインフォメーションで聞いてやっと移動することができた。メキシコシティはWebチェックインしても紙のチケットが必要ということでカウンターが開くまで待たなければならなかった。ANA指定のラウンジはグランドラウンジで上の階にユナイテッド航空もあるのに不思議。この時間だけなのか入口にはANAの看板があり、入ると日本の国旗やBGMも和風、おにぎりやタオルのおしぼりと前回来た時よりもさらにパワーアップして力の入れようがすごい。定刻よりも少し早く出発してアリューシャン列島まで大きく回って北海道側から成田に定刻通り6:45に無事到着。帰りのステーキがとてもおいしかった。
ステーキがおいしい
日付はメキシコシティと日本で2日変わって5/3だがまだ帰国ラッシュではないのか比較的空いており6:56の電車に乗ることができた。

« プラヤ・ブランカで過ごす1日 | トップページ

コメント

いつも楽しみに見てます。メアドわからなくなっちゃったのでメールくださいm(__)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プラヤ・ブランカで過ごす1日 | トップページ